(半幅帯の定番吉弥結)

@重ねは紐では無くマジックテープで前にて留めたまま着用

A見た目は半幅の手結びと同じ、結んだ形になるのが二つ目の特長

 江戸時代から結び継がれた吉弥結びを
 今回軽装帯(作り帯)で作製しました。
 一日中着用しても、楽で動きやすい帯結びです。


B「オフィスSENRI オリジナルワンタッチ帯」は後帯の結びを
 始めから
帯まわりにとじ付けているのが三つ目の大きな特徴
 ですから、マジックテープを前で重ねるだけで着用完成となります。
外れ防止として、飾り紐で
手作りの、みつ編みを作り
帯締めをアレンジして結んで
います。
bR (三本レースに吉弥結び)\1.000

テキストのみの提供です

従来の軽装帯(作り帯)と異なり帯まわり(胴まわり)は
合わせた(重ねた)前位置にて、そのまま着用
(この時、前の完成と同時に、後帯結びも完成)

※重ね位置が目立つ前にて、着用する違和感を
  補うために、レースで飾り隠しました。
  (実用新案登録済み)


★11ページに亘り、写真付きで詳しく帯結び(縫い方)の説明をしたテキストです。